WEBデザイナーに求められる技量

インターネットが普及してきて、簡単に調べ物ができたり、新製品の情報がわかったりします。また、有名人のブログも簡単に見ることができるようになっています。
そんなWEBページはデザインがとても重要となっています。

良いデザインのサイトにはアクセスが集中しがちです。ネットショップでどんなにいい物を売っていてもそれが伝わらなければ売れないのです。サイトのデザイン一つで売り上げも変わってきます。

そして、そのようなサイトのデザインをする人がWEBデザイナーです。WEBデザイナーはWEBの知識や技術だけでなく、デザイナーとしてのセンスも要求されます。顧客の要望に応えるようなデザインをしなければなりません。そのセンスに加えて、そのデザインを作れなければ意味が無いので技術も要求されます。ですが、サイトはただ派手にすれば良いものではありません。デザインが派手すぎると今度は機能性・メッセージ性がかすんでしまい、何をアピールしたいのかわからないサイトになってしまいます。見る人に何を伝えたいのかはっきりとわかって、なおかつ見た目が美しいサイトが求められます。中には本当に簡潔なサイトもありますが、それは例外と考えておくと良いでしょう。

簡潔なサイトとしては、ドラマ・映画・CMで活躍中の有名な俳優さんのホームページがあります。とても有名な人なので、お金を使って良いサイトを作っても良いのですが、その俳優さんはファンの人が昔に作ったサイトをそのまま自分の公式ホームページにして自分が更新しているようです。デザインなんてその当時のまま変わっていません。簡潔でわかりやすいホームページですが、どこか懐かしさを感じるサイトでもあります。ですが、その素朴さが逆に話題を呼び、好評を博す場合もあるようです。WEBデザイナーのセンスはなかなか難しく、一概にこれという答えはないからこそ面白みも十分にあるのでしょう。

もし、これから先さらにデザイナーとしてのセンスを上げ、多くの商品に携わりたい人には独立という道もあります。どんなデザイナーとして将来活躍していきたいのか一度立ち止まって考えるのも有意義な時間かもしれません。デザイナーの人気職種が載っている情報サイト(フリーランスも視野に入れるといいですよ)でいろいろな職種を覗いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です